【酢キャベツダイエット】腸活にもなる 簡単『酢キャベツ』のレシピを紹介します

かんたんレシピ

こんにちは。現在第二子を妊娠中のようです。

1か月で4キロも増えてしまい、母子手帳には「体重制限」のハンコが押されたので、妊娠前からのダイエット時に取り入れていた『酢キャベツダイエット』を始めました。

よう

今は妊娠中なので最低でも体重キープでいいと思っていたけれど、酢キャベツ効果で減量してきたよ!

今回は、私が食べている酢キャベツの効果とそのレシピを紹介します。

・体重管理中の妊婦さん
・生活習慣病の予防をしたい方

は、超簡単な酢キャベツダイエットをぜひお試しください。

スポンサーリンク

酢キャベツの効果

酢キャベツとは、キャベツをお酢で漬けておくだけの簡単料理です。
数年前からテレビや雑誌でも取り上げられていることから、健康やダイエットのために酢キャベツを食生活に取り入れている人も多いです。

酢キャベツがダイエットに良い理由

酢キャベツには、腸内環境を整えることによって、太りやすい体質をやせやすい体質に変えてくれる働きがあります。

キャベツと酢、それぞれ効果効能が期待できる食材ですが、酢キャベツとして一緒に摂取することで、さらなる相乗効果が期待できます。

キャベツが腸内の善玉菌を増やし、酢が腸内の酸性度を上げることで善玉菌が活動しやすい環境に整えてくれます。どちらの食材も、脂肪と糖質は、ほとんど含まれていません。

善玉菌は消化吸収の補助や免疫刺激など、健康維持や老化防止などへ影響がある菌で、代表的な菌にはビフィズス菌や乳酸菌があります。
反対に悪玉菌はからだに悪い影響を及ぼすとされ、代表的な菌にはウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌があります。

キャベツの効果効能

便秘解消に良い」というイメージもあるキャベツですが、それはキャベツには食物繊維がたっぷり含まれているためです。

特に不溶性食物繊維が多く、腸内環境を整えることによって、便のかさを増やしたり便を押し出すよう促す働きがあります。

さらに、キャベツに含まれるビタミンC美肌効果も期待されています。日焼けを防いで、メラニンの生成を抑制してくれるので、女性にとっては嬉しい効果ですね。

酢の効果効能

酢の酸味には、食べたものの消化・吸収を助ける働きがあります。

酢は、体内で「クエン酸」に変化します。このクエン酸と、酢に豊富に含まれている「アミノ酸」によって、内臓脂肪を燃焼させる作用が期待できるのです。

よう

クエン酸には疲労回復の効果も期待できるね!

さらに、酢には食べ物の吸収スピードを遅くする働きがあり、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。ダイエット中は、血糖値の上昇を緩やかにするのがポイントとなります。

酢キャベツの作り方

 

【必要なもの】
・キャベツ 4分の1
・酢 90ml
・塩 小さじ2分の1
作り方は簡単です。

①キャベツを千切り→ジプロックなどの保存用袋へ
②塩をふりかけ揉みこむ
③酢を入れて再度揉みこむ
④袋の空気を抜いてチャックをする
⑤半日~冷蔵庫で寝かせて完成

酢が酸っぱすぎる人は、分量を調整しながらはちみつやお出汁を加えたり、リンゴ酢や調味酢に変更してみて下さい。

私のおすすめはこちらです↓
カンタン酢
【出典:ミツカン公式サイト】

甘味があるので、これ1本あれば他のものを加える必要もありません。

よう

1〜2週間は保存がきくので、私はキャベツ半玉まとめて作って毎日食べています。

酢キャベツの効果的な食べ方

酢キャベツは、食事の前に食べるのが一番効果的です。
血糖値の上昇を抑えるとともに、満腹中枢も刺激されます。

よう

私は小腹がすいたときに、お菓子代わりに食べる時もあります(笑)

いつ食べても効果を発揮してくれるので、必ず食前でなくとも、おかずの1品や間食をどうしても我慢できない時に食べても大丈夫です。

酢キャベツを食べすぎると

酢キャベツは本当におすすめですが、ダイエットに良いからと言って、食べすぎるのは逆効果です。酢(酸性)の過剰摂取は胃を荒らす場合もあるので、注意してください。

また、キャベツに含まれる不溶性食物繊維は便のかさを増す働きがありますが、こちらも摂りすぎると便の水分を吸収し硬くなってしまう恐れがあります。

酢キャベツのアレンジレシピ

ガーリック入りおつまみ酢キャベツ

バジル、にんにく(すりおろし)、鷹の爪を加えて和えるだけで、ピリッとパンチのきいたおつまみに早変わり。

酢キャベツの豚肉巻き

豚肉で酢キャベツをくるんで、焼くだけの簡単アレンジレシピ。

味付けは塩コショウのみでOK。子どもも喜んで食べてくれるのでおすすめです。

酢キャベツオムレツ

酢キャベツ100gに対して卵3個を使用します。(約2人分)

① 卵をボウルでよくといておく
②もう一つのボウルに酢キャベツを入れ、とき卵を3分の1ほど入れよく混ぜる
③フライパンに油(またはバター)をひき、溶き卵入りの酢キャベツを入れて炒り卵にする(完全に火が通らなくてOKです)
④具材をフライパンの端によせて、空いている部分に油を塗り、残りのとき卵を流し入れる
⑤具材を包み込み、形を整えて完成

【まとめ】おすすめすぎる酢キャベツ

酢キャベツの効果と簡単レシピを紹介しました。

妊娠中の私でも酢キャベツを食べ始めて、1週間で体重に変化が現れました。
(※効果が出るまでの期間は人によります)

後味もさっぱりしているので、つわり中にも食べられますね。

そして夫もぽっこり出てきたお腹を引っ込めるために、毎日食事の前に一緒に食べています。

『酢キャベツダイエット』は手軽にできるダイエット方法で本当におすすめなので、ぜひお試し下さい。