粗大ごみを安く処分する方法|賢く節約するコツは?

粗大ごみを処分したい時、想像以上にお金がかかって驚いた経験はありませんか?

引越し予定の女性

捨てるものにお金をかけるのは勿体ない…

そんなあなたに、粗大ごみをなるべく安く処分する方法をお伝えします。

引越しは何かとお金がかかるもの。
この記事を読んで、粗大ごみの処分にかかるお金を少しでも節約してみてください。

この記事はこんな人におすすめ
  • 粗大ごみを処分する方法を知りたい人
  • 粗大ごみを安く処分したい人
Contents

粗大ごみを処分する6つの方法

部屋

粗大ごみを処分するには、大きく分けて6つの方法があります。

粗大ごみを処分したい状況は人それぞれ。
自分にあった方法を見つけるのが、賢く節約するポイント!

①自治体に粗大ごみを回収してもらう

それぞれの自治体ごとに粗大ごみの回収サービスがあります。

粗大ごみとは、「指定ごみ袋に入らない大きいもの」と「一時的に出た大量のごみ」とされています。
※細かい分類に関しては自治体によって少しづつ異なるので、各自治体HPを確認。

基本的な回収の流れ
  1. 回収の予約をする
  2. 指定された日に指定された場所(例えば、ゴミ捨て場の横など)へ粗大ごみを出しておく
  3. 回収に来てもらう

②不用品回収業者に依頼

手間がかからず処分できるのが、不用品回収業者への依頼です。

自治体の回収サービスを利用する場合は、自分で不用品を運び出す必要があります。一方、回収業者に依頼した場合は、運び出しもやってもらえる場合がほとんどです。

さらに不用品回収業者は、回収日の指定(予約)は自分の都合で設定できるので、引っ越しの予定なども組みやすいです。

回収業者に依頼した場合の流れ
  1. 電話かwebで申込
  2. 指定した日時に訪問見積もり(電話見積もりOKの会社も)
  3. 見積もりに納得した場合、回収日時を決定・予約
  4. 指定した日時に不用品搬出
  5. 回収料金を支払い

③リサイクルショップに売る

リサイクルショップに買い取ってもらうことができれば、粗大ごみがお金になるし処分もできるし一石二鳥ですよね。

ブランド家具やよほど状態が良い商品でない限り高値がつくことはありませんが、誰かにまた使ってもらえるのは嬉しい気持ちになります。

リサイクルショップに持ち込む際のポイント
  • なるべくきれいな状態にしておく
  • 買取可能(査定可能)な商品かショップに確認しておく
    ※買取不可能な場合は引き取ってもらえるかも確認しておくと良い◎

④引越し業者へ回収依頼

不用品の引き取り・処分のサービスを行っている引越し業者があります。
ほとんど有料での引き取りになりますが、運び出しまでやってもらえるので、手間をかけたくない人にはおすすめです。

引き取ってもらえるかどうかは、事前に確認しておくと安心です。

⑤オークションサイトで売る

おうち時間が長くなり、オークションサイトの利用をする人も増えてきました。

粗大ごみだけでなく、引っ越しの際に出る不用品をオークションサイトで売ることも可能です。

オークションサイトで売る際の注意点
  • 配送方法・送料はあらかじめ調べておく
  • 売れなかった場合にどうするかを検討しておく
  • 小さいものでも傷などの申告はしっかりする

手間はかかりますが、上手に活用できれば、オークションサイトが一番収入につながります。
とっても便利なので、「まだ使えるのにもったいない…」というものをお持ちの方はぜひ利用してみてください。

⑥ごみ処理施設へ持ち込み

一番安くごみを処分する方法は、ごみ処理施設への持ち込みです。

ごみ処理施設へ持ち込む際の流れ
  1. インターネットや電話でごみ持ち込みの予約をする。
    (詳しくは各自治体のHPで確認できます。)
  2. 自家用車やトラックにごみを積み、ごみ処理施設へ持ち込む。
  3. 重量に従って料金を支払う。

とにかく安く処分したい人には、ごみ処理施設への持ち込みが一番おすすめ!
なお、細かいルールは自治体によって異なるので、ホームページで確認してみてください。

粗大ごみを安く処分するコツ

椅子

粗大ごみは、ほとんどの場合が処分するのにお金がかかってしまいます。

少しでも安く処分して、節約したい!
そんな人に向けて、2つのコツを紹介します。

相見積もりをとる

自力で搬出できないものを回収してもらいたい場合。
引越し業者に回収してもらうのか、不用品回収業者に回収してもらうのかの選択になります。

いきなりどちらかに決めてしまうのではなく、一度電話で回収してもらいたいものと料金を確認してみてください。

不用品回収業者なら値引きしてもらえる可能性が高いです。

実際に私は、引っ越し業者と複数の不用品回収業者から相見積もり(査定)をとり、当初の見積もりよりもかなり安い金額で粗大ごみを処分することができました!

査定は無料ですが、訪問が必要な会社もあります。
引越し日が決まっている人はスケジュール管理に気を付けながら、相見積もりに挑戦してみてください。

解体できるものは解体する

処分したい粗大ごみの中に、解体できるものはありませんか?

木製の棚を取り外してみたり、ラグなんかも小さく切ることができれば、家庭ごみとして出すことが可能です。

自宅で解体するには、粗大ごみ用のノコギリがおすすめ!
プラスチックやステンレスも切れるので、粗大ごみを家庭ごみとして処分したい人は試してみてください。

まとめ

椅子と棚

いかがでしたか?
粗大ごみを安く処分する方法とコツを紹介しました。

処分したい日程のスケジュール管理さえしっかり行えば、賢く節約することができますよ!
自治体のホームページや、地域の不用品回収業者も参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

3歳・0歳の娘を持つ旅好きママが
旅や暮らしの情報をまとめています

コメント

コメントする

Contents
閉じる