ワーママを辞めたいけど辞められない人!ワーママに限界を感じた時に考えたいこと

『ワーママ』って、響きはいいけど、実際にやってみると体力的にも精神的にもすごく疲れませんか?

もうワーママ辞めたい…でも辞められない……

育児・家事・仕事の3つをこなすワーママはすごい!
でもそれって当たり前?
続けないといけないの?

今回の記事では、ワーママが家族と自分の幸せを見つめ直すためのヒントをお伝えしていきます。

目次

ワーママを辞められない理由

ワーママが仕事を辞めたいのに辞められないのには、どのような理由があるのかみてみましょう。

仕事の代わりがいない

職種やポジション(役職)にもよりますが、「仕事の代わりがいないから、辞められない」と思っているワーママは多いです。

辞めるにしても、後輩を育てなければいけない。時間的にも人員的にもそんな余裕はない。今辞めたら会社に迷惑がかかるから辞められない。

真面目にお仕事をしているワーママほど、責任感が強く、仕事を辞められないようです。

収入が減る

今の社会では夫婦共働きが当たり前になっており、女性の収入ありきで生活している家庭も決して少なくありません。

残念ながら、収入が減ることを理由にワーママを辞められない人は、仕事を続けなければならないことは明らかなので、次の収入源をどうするかを考える必要があります。

例えば、パートや時短勤務に変更する、思い切って条件のいい会社に転職するという選択もアリです。

育児や介護と両立しながら働く!在宅・リモートワークのお仕事紹介サービス【#リモワ女子】

社会から離れるのが不安

日中一人で子育てに向き合うのは、実はワーママを続けるのと同じくらい大変なことかもしれません。

実家が近かったり、ママ友がいる場合は楽しく子育てできるかもしれませんが、そうでない場合は社会から孤立した気持ちになってしまう可能性もあります。

仕事は成果がでる、必要とされる、感謝される、しかし、子育てはだれにも褒めてもらえません。それなのに、親の責任だけがどんどん大きくなっていきます。

仕事を辞めてから、やっぱりもう一度正社員として働きたいと思い直しても、同じように雇ってもらうことは難しいことがほとんどなので、なかなか辞める決断ができない大きな理由になっています。

ワーママを辞めるとどうなる?

では、仕事を辞めたいワーママが、実際に仕事を辞めてしまった場合は、どのような未来が待っているのでしょうか。

子どもとの時間が増える

子どもを保育園などに預ける必要がなくなり、一緒に過ごす時間が増えます。今まで見られなかった成長過程も、見逃さずに済むのはとっても嬉しいですね。

子どもにとっても、大好きなママと長い時間一緒にいられ、たくさんお話ができるのは喜ばしいことです。

心にゆとりができる

【子育て・家事・仕事】の中から、たった一つ【仕事】がなくなるだけで、心にゆとりが生まれます。

出勤時間や子どものお迎え時間に焦ることもなくなり、心にゆとりが生まれることで、今まで以上に家族と笑顔で接することができます。

家の中でママが笑顔でいると、子どもはもちろん、仕事帰りの旦那さんも嬉しいはず。ワーママを辞めてから、夫婦関係が良くなったという人も多いです。

家計が苦しくなる

辞められない理由でもありましたが、収入が減るというのが、最大のデメリットです。

収入が減ることによって、家計が苦しくなる可能性は大いにあります。

仕事を辞める前に、旦那さんの一馬力でも生活していけるのか、それとも共働きを続けていかなければならないのかをよく話し合う必要があります。

家族にとって、自分にとって幸せなこと

私は、ワーママが仕事を辞めることを推奨しているわけではありません。ワーママとして仕事を続けることも、辞めることも、正解・不正解はないと思っています。

いずれにせよ、大切なことは、家族で想いを共有することです。

夫は仕事をしてほしいと思っているのか、それはなぜか。子どもはさみしい思いをしていないか。そしてあなた自身は、本当に仕事を辞めたいと思っているのか。

『仕事を辞めたいけど辞められない』そんな想いでこの記事にたどり着いてくださったワーママさんは、今の家族にとって、そして自分にとって本当の幸せは何か、もう一度じっくり向き合ってみてください。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

2歳・0歳の娘を持つ旅好き主婦が
旅や暮らしの情報をまとめています

コメント

コメントする

目次
閉じる