【北海道】シンラ冬の知床五湖スノーシューイングに参加してきた!口コミ&レビュー

旅行

北海道・知床の人気ナンバーワン観光地である知床五湖で、シンラの『冬の知床五湖スノーシューイング』を体験してきました!!

今回の記事では、以下を中心に紹介します!

  • 冬の知床五湖スノーシューイング 口コミ&レビュー
  • 服装や持ち物
スポンサーリンク

冬の知床五湖スノーシューイング【概要】

はじめに:シンラとはどんな会社?

北海道知床の自然体験ツアーを運営しているシンラは、別名:知床自然ガイドツアー株式会社といいます。

知床が世界自然遺産に登録されるよりも前から、観光客向けに知床の魅力を伝えてきたそうです。今回実際にハイキングをしてみて分かりましたが、知床にはいたるところに小さな木の傷や穴があります。何も知らなければ見過ごしてしまうこれらは、知床に住む動物の痕跡です。他にも知床ならではの植物や景色がたくさんあり、観光客が見落としてしまう知床の魅力を余すことなく教えてくれるのが、シンラのガイドさんです。

ツアー詳細とハイライト

催行期間 1月22日 – 3月22日(2019年)
参加料金 6,500円
参加条件 中学生以上

夏季には観光客でも賑わいを見せる知床五湖ですが、冬季は認定ガイドの引率のみでしか入ることができない、特別の場所。まさに秘境と言えます。

あたり一面真っ白な雪に包まれた静寂な森の中、冬季にしか歩くことのできない特別ルートで、五湖を巡ります。湖の上を歩いていくと、まるで絵に描いたような、雪化粧した壮大な知床連山を見ることができます。

クライマックスに眼下に広がるのはオホーツク海。流氷接岸期には、水平線までびっしりと続く流氷、そしてダイナミックな白銀の知床連山、ここでしか味わうことのできない特別な景色を楽しむ事ができます。

冬の知床五湖スノーシューイング【感想:最高でした】

先に感想を述べさせていただくと、一言で、最高でした!!

雪国ならでは、というより、知床ならではの神秘的な景色をたくさん見ることができ、終始楽しむことができました。

私を魅了したスノーシューイングとは、どのようなツアー内容なのか、順番に紹介していきます。

まず、アクセスについて。

このツアーを利用している人はウトロに宿泊している(もしくはする予定)だと思います。申し込み時に伝えておくと、その日の担当ガイドさんがホテルまで迎えに来てくれます。私のグループは全員で9名なのでハイエースでのお迎えでした。ちなみに私と同行者以外の7名がチャイニーズでした。(ガイドさんはもちろん日本人。)

ゲートに着くと、全部で車6台分の人が集まり(半分以上がチャイニーズ)、各グループごとにスノーシューを装着します。

スノーシューとは、こちら。

このスノーシューですが、歩き始めるとすぐに慣れます。ブーツの上から装着しますが、重さは左右合計で約 1.5 – 1.8kg となっており、思っていたよりも軽くてスイスイ歩けました。

そしてこのスノーシューを装着するときにグループの人とも仲良くなりました。言葉は通じなくても、旅先での出会いは特別です。

その後、各グループごとに出発。

まずここでルートの説明を受けます。

雪で夏季の散策ルートはどこにあるかわからないので、夏には通ることができない湖上を使った特別ルートを通ります。

こんな感じの雪道が2時間半ぐらい続きます。

人がまったく通っていないところはこんな感じ。

スノーシューを履いていないと、腰ぐらいまで埋もれてしまうくらい積もっています。

知床の雪はパウダースノーで、まったく水分がありません。雪だるまも作れません。
このパウダースノーがキラキラしていて、雪を眺めているだけで心が癒されます。

さて、五湖から順番に巡っていきます。

凍った湖の上に雪が積もっているので、境界線は分かりにくいですが、この足跡があるところはすでに湖の上です。

しかし、写真を撮ったときに足跡が映らないように、ガイドさんの中でこれ以上中に入らないという取り決めがされており、そのおかげで足跡のないまっさらな写真を撮ることができます。

湖の上を歩けるなんで驚いた。

続いて四湖。後ろに湖があり、ここも湖上を通過します。

このあたりから曇ってきました……。

道中、木を揺らしたときに落ちてくるパウダースノーを浴びたり、袋をソリがわりにして滑って遊んだり、ガイドさんがいろいろな遊び方を教えてくれます。

続いて三湖です。

空と湖の色が同じになってきましたが、実際はもう少し明るく感じます!
そして後にも述べますが、かなり着込んでいるので、歩いているとそれほど寒くはなりませんでした。

続いて二湖。中間ではないけれど、ここでみんなで休憩をとりました。
ガイドさんがチョコレートをくれて、湖(今は銀世界)を眺めながらほっと一息。

が、この休憩でいっきに体が冷えるので注意!

写真は切れていますが、奥に見えているのが知床連山。

最後に一湖です。

晴れていると知床連山がきれいに見えます。

そして、これは一湖上のエゾシカの足跡。

人間は、景観を守るため奥まで立ち入り禁止ですが、よく見るとシカやキツネの足跡はたくさんあります。それがまた森の中での生命を感じることができ、非日常の体験でもありました。

残念ながらキツネには会えませんでしたが、エゾシカには会えました!
かなりの確率で会えるとか。

そして最後はこの景色!!流氷!!

本来夏シーズンには歩くことできない笹の上を、海の方へと登っていくと、この流氷の景色が広がります。

ここで記念撮影をして、スタート地点まで戻ります。

ちなみに、知床では枝1本折ることも禁止されており、この下からピョンピョン生えている葉もスノーシューで刈ってしまわないように、気を付けて歩きます。

知床の大自然を守れるように。

これからも多くの人が知床の大自然を感じることができますように。

体力   : ★★★★☆  要体力!!!
歩行距離 : 約3㎞
所要時間 : 約3時間 ※送迎+準備も含めた所要時間は約4.5時間

服装と装備

服装

ツアー期間中の気温はほぼマイナスです。さらに体感気温はマイナス20度になることもあります。

現地の寒さに慣れているガイドさんでさえ、かなりの防寒をされており、集合場所でそれを見て焦った私はホテルの部屋に、追加でパーカーを一枚取りに戻りました。

私が実際に着用したものは、

上:ユニクロの超極暖ヒートテック+厚手のニット+ライトダウン+もこもこパーカー
+スキーウェア 計5枚
下:裏起毛10分丈スパッツ+スキーウェア 計2枚

これで歩いているとちょうど良いくらい、説明や休憩で立ち止まると少し寒いくらいでした。

ちなみに、現地のガイドさんも分厚い目の登山用の服を4~5枚重ねていました。「暑けりゃ脱げばいいだけだから、持っていきなさい」とおっしゃっていましたが、本当にその通りでした。これでもかと思うくらい厚着でいいです。

スキーウェア・防水ジャケットを持ってない方は、こちらがおすすめです。

女性 スキーウエア 上下セット サス取り外し可能☆全2色【あす楽対応】

価格:6,372円
(2019/3/9 16:07時点)

クリアランスセール中でお得になっています。嬉しいあす楽対応!

わざわざ購入するのはちょっと……という方は、持っているウィンドブレーカー(オーバーパンツ)に防水スプレーを惜しみなく振りましょう。そして中には重ね着必須。

【限定価格】アメダス 防水スプレー 420ml 大容量 雨 雪 撥水【あす楽対応】

価格:1,680円
(2019/3/9 16:16時点)

防水スプレーといえばコレ。服だけでなく、リュックや靴にも振れます。
大容量なので旅行に持っていく予定のものに、振っておきましょう。

ここで注意点。持っているズボンで代用したとしても、スノーシューで蹴り上げたサラサラの雪が靴の中に入ってきたり、途中雪をかぶって遊んだりソリ遊びしたときに服の中に雪が入ってきたりします。

なので、最低限これがあれば安心です。防寒にもなります。

防水足カバー R-300 【メール便対応】

価格:680円
(2019/3/9 16:27時点)

以前何も着けずにスノーシューを履いた時にすごく雪が入ってきて、足先がキンキンになりました。これを装着してみると、知床のパウダースノーでも大丈夫だったのでおすすめです!

スキーウェアの方は大丈夫ですよ。

その他装備

必ず準備するもの

  • ハイカットのスノーブーツ:防水+ハイカットは必須!万が一持っていない場合は、長靴を貸してもらえます。車に準備されていますが、借りたい人は、念の為事前に確認してみてください。
  • ニット帽
  • ネックウォーマー
  • 手袋:なるべく防水のもの
  • 靴下:保温性のあるものや厚手のもの
  • リュック:なるべく持ち物は少なく!必要のないものは車の中に置いておくことが可能。
  • 飲み物:集合場所を出発してから購入できる場所はありません。必ず用意しましょう。

あるといいもの

  • サングラス
  • 日焼け止めクリーム
  • カイロ

散策中の注意事項

  • 散策中のお手洗いなし。ガイドさんとの集合前に必ず済ませておく!
  • 携帯電話の使用は不可。※写真は可能だが、落としても電波がなく探せないので注意。
  • 体感温度が-20度になることもあるので服装は多めに準備すること!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んで下さった方は、これからツアーに参加される方かツアーの申し込みをしようか迷われている方だと思います。

冬の知床五湖スノーシューイングツアーは、せっかく冬の知床に行くのであれば、ぜひ体験していただきたいおすすめツアーです!

春夏秋とは、まったく違う知床を五感で感じることができます。

ぜひ参考にしてみてください。

【北海道旅行】知床・ウトロ温泉のおすすめの宿3選を比較!子連れ旅行に最適な宿は?
世界自然遺産・知床でのおすすめの3大宿を比較しながら紹介します。また、子連れ旅行のチェックポイントも紹介!春夏秋冬いつ訪れても、ありのままの大自然と豊かな生命を感じることができる知床への旅の参考にしてみてください。
【北海道】知床でシンラの流氷ウォークに参加してきた!感想:「雄大な自然にただただ感動」
世界遺産知床の冬は、白銀の世界をアクティビティでも味わうことができます。今回は、シンラの流氷ウォークツアーを体感してきたので、紹介します。